【ミュゼプラチナム予約変更・問い合わせ】電話での予約と当日キャンセルについて

ミュゼの予約変更

ミュゼプラチナムの予約変更について、一番気になるのはミュゼの予約をキャンセルしたときにキャンセル料金は取られるの?取られるとしたらいくら?ということですよね。

ミュゼでは予約をキャンセルしてもキャンセル料を取られることはありません。ご安心ください。当日キャンセルでも無断キャンセルの場合でも大丈夫です。

ただし当日キャンセルの場合は少しだけペナルティがありますので、詳しくはのちほどご紹介しますね。

このページでは、そのほかにも予約変更の詳しい方法や、当日キャンセルはいつまで可能か?無断キャンセルするとどうなるか?生理などで急なキャンセルはできるのか?など、ミュゼの予約変更に関する情報をたくさんお届けします。

スポンサーリンク

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼプラチナムの予約変更とキャンセルのやり方・方法・流れ・ルールをご紹介いたします。

予約変更およびキャンセルはミュゼの会員サイト(WEB)にログインして行うか、またはスマホアプリからできます。電話からの予約変更・キャンセルもできます。

予約日時を間違えるなどして、当日キャンセルであってもキャンセル料などの料金なしでキャンセルができます。

ただしペナルティーは少しだけあるので詳しく説明しますね。遅刻の場合も普通の予約変更と同じペナルティーです。

予約が取れない!という口コミの実態調査、予約の取りやすさを早める方法、およびキャンセルによる空きの狙い方は別の章でご紹介しています。

どうしてもわからないところがあればミュゼにお問い合わせください。

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

ミュゼプラチナムの会員サイトで予約変更・キャンセルする方法を紹介します。

まずミュゼの会員サイトにログインします。会員サイトへはパソコン(PC)またはスマートフォンからログインできます。ログインにはミュゼプラチナムの会員番号またはメールアドレスとパスワードが必要です。

ミュゼ会員サイトPCログイン画面

ミュゼ会員サイトPCログイン画面

ミュゼ会員サイトスマホからのログイン画面

ミュゼ会員サイトスマホからのログイン画面

ミュゼ会員サイトログイン後、現在の予約状況の詳細ページを表示します。ここからは環境によって手順が異なるので、以下の表に予約変更・キャンセル表にまとめました。

予約変更 キャンセル
パソコン(PC) [予約内容を変更する]ボタンを押し、新たな日時を設定する [この予約内容をキャンセルする]ボタンを押す
スマホ [変更]ボタンを押し、新たな日時を設定する [キャンセル]ボタンを押す

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

ミュゼのアプリから予約変更・キャンセルする方法を紹介します。

まずスマホアプリ「ミュゼパスポート(MUSEE PASSPORT)」をAppleStore(iPhoneをお使いの方)またはplayStore(Androidスマホをお使いの方)からインストールします。

次にミュゼパスポートにログインします。ログインにはミュゼプラチナムの会員番号またはメールアドレスとパスワードが必要です。

ミュゼのアプリのログイン画面

ミュゼのアプリのログイン画面

アプリにログイン後の予約変更・キャンセル手順は以下です。

  1. アプリ画面の下に表示されている[予約]ボタンを押す(現在の予約状況が表示されます)
  2. 予約変更の場合は[変更]ボタンを押し、新しい場所と日時を再設定する
  3. キャンセルの場合は[キャンセル]ボタンを押す

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルを電話でする方法を紹介します。

予約変更・キャンセルは以下の「ミュゼプラチナム会員さま専用ダイヤル(057-007830)」にて受け付けてもらえます。

ミュゼプラチナム会員専用ダイヤル

ミュゼプラチナム会員専用ダイヤル

ただし「通い放題プラン」の契約者などの特別会員の予約変更・キャンセルは上記での受付になります。電話番号は契約後、ミュゼにお問い合わせください。

「会員さま専用ダイヤル」での受付時間は平日・休日の全日9:00~18:00となっています。電話は24時間受付ではないので、受付時間外の予約変更・キャンセルは会員サイトかアプリにて行いましょう。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼの初回無料カウンセリングの予約変更・キャンセルはこれまで紹介した方法とは違う方法で行います。

無料カウンセリングの予約変更・キャンセルはWEBと電話の2つの方法があります。

まずWEBで予約変更・キャンセルする方法は、無料カウンセリング予約完了メールに記載されている予約変更・キャンセル専用リンク(URL)をクリックした先で手続する方法です。

電話で無料カウンセリングの予約変更・キャンセルする方法は以下の「カウンセリング予約専用ダイヤル(0120-489450)」に電話する方法です。

ミュゼカウンセリング予約専用ダイヤル

ミュゼカウンセリング予約専用ダイヤル

WEBと電話のどちらの方法で予約変更・キャンセルしても、キャンセル料などのペナルティはありません。

関連記事:【ミュゼプラチナムの予約取れない・希望日】解約は待って!アプリの裏ワザと電話予約

スポンサーリンク

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナムで予約変更するとペナルティーが発生するのか?というお問い合わせに実態を調査した結果をお答えいたします。

結論から言うとミュゼで予約変更してもキャンセル料などの料金は発生しません。

また次の予約の取りやすさが厳しくなって予約が取れないということもありません。スマホアプリ・会員サイト(WEB)・電話でちゃんと予約できます。予約のやり方・ログイン方法のルールや流れもいつもどおりです。

予約する日時を間違えて、遅刻や当日キャンセルをしたらさすがにペナルティーがあるんじゃないの?と思われるかもしれませんがそれもありません。

当日キャンセルの狙い方や予約を早める方法についてはここでは紹介していません。

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ミュゼで予約変更やキャンセルをした場合にペナルティが発生するか?という疑問にお答えします。

ミュゼで予約変更やキャンセルをした場合、キャンセル料を取られることはありません。ですのでキャンセル料という形でのペナルティはありません。

ですが、次の段落で紹介するように「当日キャンセル」に該当する場合はキャンセル料以外の形でペナルティが発生しますので注意が必要です。

どのようなキャンセルが当日キャンセルとみなされるかというと「お手入れ開始時間の24時間前まで」以降のキャンセルが当日キャンセルとみなされます。また無断キャンセル(キャンセルの連絡をせず脱毛開始時間までに施術に行かなかった)も当日キャンセル扱いとなります。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

当日キャンセルをしてしまった場合、そのお手入れ分が消化されたものとみなされ、解約時の返金の対象になりません。

ここはややこしいところなのですが、あとで説明する「回数保証制度」があるので、契約期間中であれば契約回数分の施術を必ず受けられるようになっています。

当日キャンセル時に消化されたとみなされるのは、解約時の計算のための回数なのです。

例えばAさんがミュゼで10回脱毛コースを契約したとします。そして施術を5回受けて、当日キャンセルを3回しました。その状態で解約をしたとしましょう。この場合、返金されるのは5回分ではなく2回分だけなのです。これが当日キャンセルでお手入れ回数が消化されたとみなされたということです。

関連記事:【ミュゼの当日キャンセル】キャンセル方法と予約は?ペナルティを解説

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

そうするとやっぱり当日キャンセルは怖い。施術回数が減ってしまう…と思われるでしょうがそれは解約時の返金に関してだけなのです。

ミュゼには「回数保証制度」があるので、解約せず、契約期間中であれば、必ず契約回数分の施術が受けられます。

先ほどのAさんの例でいえば、当日キャンセルを3回していても、10回分の施術を受けることができます。

急な用事や体調不良・生理など、どうしても直前に予約変更やキャンセルしなくちゃいけなくなることってありますよね。そんなときに施術回数がなくなってしまわないミュゼ回数保証制度は心強い制度です。脱毛1回の施術料金はもし全身脱毛ならば数万円の価値がありますから、すごく大きいですよね。ですのであまり予約変更・キャンセルに神経質になる必要はありません。

ミュゼの契約期間について

ミュゼの回数保証制度は「契約期間内であれば」という条件つきでした。では次に気になるのは契約期間についてですね。

ミュゼの契約期間は全コース一律、契約日から3年間となっています。この契約期間はある条件を満たすと延長ができます。

以下の図のように3年契約の2年から3年までの間に1度お手入れをすると1年間契約期間が延長されます。1回目の延長後、3年目から4年目の間に1度お手入れするともう1年間契約期間が延長されます。延長はこの2回目までです。

ミュゼの契約期間と延長

ミュゼの契約期間と延長

このようにミュゼの契約期間は最初は3年間ですが、最長で5年間まで延長することができます。

現時点での契約期間は会員サイトやミュゼパスポート(ミュゼのスマホアプリ)でいつでも確認ができます。

ミュゼの回数保証制度について

ミュゼの回数保証制度は利用者にとって大変メリットが大きいうれしい制度であることがわかりましたね。

ただこれまでみてきたように回数保証制度は「契約期間内であれば」という条件付きの保証なので、契約期間がどれくらいなのか?今どれくらい残っているのか?をよく確認しておく必要がありますね。

今、契約期間がどれくらい残っているかは会員サイトやミュゼパスポート(ミュゼのスマホアプリ)を見ればすぐに確認することができますので活用していきましょう。

もし契約期間をを考えるのがメンドーだという人があれば「【一生涯通える】完了保証コース」を利用するとよいでしょう。こちらのコースは契約期間の制限なく何度でも通い放題なので、契約期間を気にせず脱毛ができます。

>>ミュゼの割引キャンペーンを見てみる
スポンサーリンク

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼで予約変更・キャンセルはいつまで可能?当日キャンセルはできるのか?というお問い合わせに実態を調査した結果をお答えいたします。

予約する日時を間違えたなどの理由でどうしても予約変更・キャンセルしなければならないことがあると思います。

結論から言うとミュゼでキャンセルできるの予約した日時の24時間前までです。それ以降は当日キャンセルあつかいとなります。遅刻した場合も当日キャンセルと同じ扱いです。

当日キャンセルは解約時の返金が1回分減るというペナルティーのルールがありますが、契約した施術回数は減りません。キャンセル料などの料金も発生しません。

スマホアプリや会員サイト(WEB)・電話からの予約の取りやすさが変わって予約が取れないということはありませんので安心してください。アプリにログインしずらくなるとか予約のやり方・流れ・方法が変わることもありません。

当日キャンセルの狙い方や予約を早める方法はここではご紹介いたしません。

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの予約変更・キャンセルをしてもキャンセル料は発生しないことを見てきました。また回数保証制度があるので契約期間内であれば何度キャンセルしても契約回数分の脱毛施術が受けられることも紹介しました。ただし当日キャンセルすると解約時の返金額が1回分減ってしまうのでした。

では「当日キャンセル」とはどういった基準で決まるのでしょうか?詳しく紹介しましょう。

ミュゼでは「予約開始時間の24時間前までの予約変更・キャンセル」は当日キャンセルにはなりません。

ミュゼの当日キャンセルのルール

ミュゼの当日キャンセルのルール

例えば12月1日16時~の予約を10月1日に取った場合、11月30日15時59分までに予約変更またはキャンセルを行えば当日キャンセル扱いにはならないということです。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

「お手入れ開始時間までに来店がない」場合も当日キャンセルに該当します。いわゆる遅刻した場合です。

ミュゼでは遅刻する施術をしてもらえないんですね。

どのくらい遅刻すると施術してもらえないかというとリミットが10分といわれています。5分~9分程度の遅刻なら少し注意される程度で急いで施術してもらえるということですね。

でも10分以上遅刻してしまうと当日キャンセル扱いになる場合がいいようです。もし施術してもらえるにしても施術全体の時間が短くなってしまうので損ですよね。遅刻は極力しないにこしたこたことはないです。施術に行けない場合は事前に予約変更をしましょう。

これは遅刻の連絡をしてもしなくても同じです。とはいえ当日キャンセルは変わらないものスタッフの方に迷惑なので電話などで遅刻連絡はした方がよいでしょう。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの予約変更やキャンセル

ミュゼでは「予約開始時間の24時間前までの予約変更・キャンセル」は当日キャンセルにはならないと紹介しました。逆に言うと、お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの予約変更やキャンセルは当日キャンセル扱いになってしまいます。

ミュゼで予約変更・キャンセルを行う場合は、この「24時間ルール」を忘れずにいたいものですね。

当日キャンセルをしてしまう事態を避けるために、スケジュール管理が大事ですね。脱毛は数か月に一度のことなので忘れがち。脱毛に行く日を手帳に書き込んでおいたり、カレンダーアプリでリマインドしておくとよいでしょう。

施術前日になると「[ミュゼ]ご予約日前日のご確認メール【自動送信】」という件名のメールが届くのでこちらを確認して予約変更・キャンセルが必要な場合は24時間前に確実に行いましょう。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

当日キャンセルでペナルティは発生しないとはいうものの、ミュゼは人気の脱毛サロンなので予約を変更する際に近日中に次の予約を取るのは難しいかもしれません。

そこで活用したいのが会員専用アプリ(ミュゼパスポート)のキャンセル待ち機能である「空き時間通知」。

キャンセル待ち機能では希望の店舗・期間・時間帯を設定しておくと、もし空きが出た場合にアプリが自動で通知してくれます。最大で2枠までキャンセル待ちを設定することができます。

ミュゼアプリでは各店舗の空き状況をリアルタイムで確認して空いていたら予約することができます。ですが希望の店舗が空くのをずっと監視し続けるのは現実的ではありませんよね。そこでアプリの空き時間通知を使えば効率的にキャンセル待ちができ、予約が取りやすくなるのです。急な予約変更に活用しましょう。

 

ミュゼの予約変更

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼで無断キャンセルした場合どういう扱いになるかについて紹介しします。

ミュゼで脱毛の予約をしていても、寝坊してしまったり、うっかり予定を忘れてしまったりして、遅刻や予約変更の連絡を入れず、予約の時間になってもミュゼに来店していないと「無断キャンセル」となります。

ミュゼ公式サイトによると「無断キャンセルはまれにありますが、頻度としては多くない」とのことです。

では「無断キャンセル」をしてしまった場合、ミュゼではどのように扱われるのでしょうか?

ミュゼでは「無断キャンセル」は「当日キャンセル」と同様に扱われます。つまり遅刻や予定変更の連絡の有無にかかわらず、扱いは「当日キャンセル」で変わらないということですね。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

ミュゼでは「無断キャンセル」は「当日キャンセル」と同様に扱われると紹介しました。なので「無断キャンセル」をした場合のペナルティは「当日キャンセル」と同様で、

  • 解約時の返金額が1回分減る
  • しかし「回数保証制度」があるので契約回数分の施術は受けられる

ということですね。「無断キャンセル」というとかなりのペナルティを受けそうな感じがしますが実質的には大したペナルティは受けていないということですね。ミュゼさんは寛大です。

ですが予約をしているのに出向かずに、かつ遅刻や予定変更の連絡を入れないというのは、スタッフさんに迷惑がかかるのは確かです。大人のマナーとか倫理観の面で、無断キャンセルはすべきではないでしょう。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

ミュゼで「無断キャンセル」をしてしまった場合、次回の予約は取れるのでしょうか?

問題なく取れますので安心してください。

無断キャンセルをした際に、お店から電話が来るのですが、そのときにミュゼの方でキャンセルの手続きをしてもらえますので、すぐに会員サイトやアプリから次の予約が取れる状態になります。

ただ近日中に予約枠が取れるかどうかは、ミュゼの店舗の予約枠の空き次第となります。もしかしたら数か月先の予約になってしまうかもしれません。無断キャンセルをしてしまったら、次の予約をすみやかに取るのが大事ですね。

先ほど紹介した会員専用アプリの「空き時間通知」機能を利用してキャンセル待ちすれば、近い日に次の施術予約が取れるかもしれないのでチャレンジしてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

ミュゼは生理などで急な予約変更・キャンセルはできない?

ミュゼプラチナムで生理によって急なキャンセルはできるの?というお問い合わせに実態を調査した結果をお答えいたします。

結論から言うと、生理でのキャンセルであっても、日時を間違えるなどした通常のキャンセルと同じルールで処理されます。

つまり予約時間の24時間前までなら通常キャンセル。それ以降であれば当日キャンセルおよび遅刻と同じ扱いとなります。

生理が理由での当日キャンセルであっても、解約時の返金が1回の施術分減るというペナルティーが課されます。キャンセル料などの料金はかかりません。

予約の取りやすさが変わって、会員サイト(WEB)や電話から予約が取れないとなったり、スマホアプリにログインできなくなったりはしないので安心してください。予約のやり方・流れ・方法も変わりません。

当日キャンセルの狙い方や予約を早める方法はここでは解説していません。

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

生理のスケジュールってなかなか不安定だから、せっかく脱毛を予約していても生理と脱毛日がかぶってしまって脱毛に行けない!ってときありますよね。

ではミュゼでは生理が理由で急な予約をキャンセルして予約を変更できるのでしょうか?また、その場合どのように扱われるのでしょうか?

まず生理が理由での急な予約変更・キャンセルはできます。できますが生理が理由だからといって特別扱いはされないので注意が必要です。

ミュゼではたとえ生理が理由であっても脱毛日時の24時間前までに予約変更・キャンセルをしなければ当日キャンセル扱いとなります。ですので生理が理由の予約変更・キャンセルであっても、これまで説明してきた当日キャンセルと同じ扱い、ペナルティ内容となります。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

せっかく予約が取れたのだから生理中でも脱毛したいという方もあると思います。ミュゼでは生理中でも脱毛できるのでしょうか?

ミュゼで生理中に脱毛できないのは、

  • Vライン
  • Iライン
  • Oライン
  • ヒップ
  • トライアングル上下

です。主にデリケートゾーンと呼ばれるVIOまわりですね。逆に言えばこれらの部位以外は生理中でも脱毛可能です。

なぜVIOは生理中に脱毛できないかというと、衛生面がもっとも大きいです。経血が脱毛機やベッドに付着して感染症がひろがってしまう懸念があるからです。

またVIOの毛は他の毛よりも太くて硬いので、脱毛したときに開いた毛穴に雑菌が入り込みやすいので、自分自身の身を守るためにも生理中のVIO脱毛は避けるべきで、予約変更すべきです。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

ミュゼでは生理中であってもデリケートゾーン(VIO)以外の箇所なら脱毛施術をしてもらえると紹介しました。

ですがミュゼでの生理中の脱毛についてもう一つ制約があるので紹介します。

それはVIOを含む脱毛セットコースを契約している場合です。実はVIOを含む脱毛セットコースでは、生理中はVIO以外の脱毛も断られてしまうのです。

例えばミュゼの人気のコースである「両ワキ+Vライン脱毛完了コース」がこのケースに該当します。このコースでは生理のときに両ワキだけ脱毛するということはできず、必ずキャンセルになってしまうのです。ですので施術の日になる前に予約変更しましょう。

なおデリケートゾーンを含まない脱毛セットコースでは、この制約は当然ありません。生理中でも問題なく脱毛できます。予約変更の必要はありません。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

VIOを含む脱毛セットコースでは、生理中はVIO以外の脱毛も断られてしまうとご紹介しました。

しかしミュゼの脱毛プランの中で1つだけこの制約の例外があります。それが「全身脱毛プラン」です。

ミュゼの全身脱毛プランでは、生理中でも施術してもらえます。そしてVIO脱毛だけを別の日に振り替えることができるのです。VIO脱毛だけのために予約をするのは少々面倒ですが、せっかくの全身脱毛1回分を予約変更やキャンセルして脱毛が遅れなくてすむというメリットがありますね。

このようなミュゼの対応は生理不順で脱毛の予約と生理がかぶってしまうのではないかと戦々恐々としている方にとって朗報です。生理での予約変更・キャンセルが不安な方は全身脱毛プランを検討するとよいでしょう。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

生理中はVIOの脱毛ができない以外にも、いくつかデメリットがあります。

  • 生理前後はホルモンバランスが変化して肌が敏感になるため施術の痛みが大きくなりがち。痛みを避けるために脱毛器の出力を下げると今度は脱毛効果が下がってしまう。
  • 生理中は肌が乾燥しやすくなりやすいので施術後の炎症や肌荒れが起きやすいといわれています。
  • ホルモンバランスの崩れにより脱毛周期が変わってしまい、脱毛効果が下げることもあります。
  • 生理中はメンタルが弱る場合があるので脱毛のストレスを感じやすい。

以上のように生理中の脱毛にはデメリットがたくさんあるので、特に重大な理由がない限りは予約変更・キャンセルをおすすめします。脱毛を早く終わらせたい気持ちはわかりますが、身体が一番大事ですのでここは我慢してすみやかに予約変更・キャンセルをしましょう。

スポンサーリンク

予約変更したいのにミュゼ会員ページにログインできない時はどうする?

ミュゼの予約変更・キャンセルしたいのに会員サイト(WEB)にログインできない!というお問い合わせに実態を調査した結果をお答えいたします。

予約する日時を間違えた、遅刻しそう、などの理由で当日キャンセルしなければいけないことってありますよね。予約の取りやすさがあまり良くなくて予約が取れない、狙い方が難しいといわれているミュゼでキャンセルするのは少しもったいないですが…。

予約時間の24時間前までにキャンセルしないと、キャンセル料などの料金はかからないものの、解約時の返金が減ってしまうペナルティーがあるルールなので、キャンセルのタイミングはできるだけ早めるにこしたことはありません。

ここでは会員サイトにログインするやり方・方法・流れをご紹介いたします。

どうしても会員サイトにログインできない場合は、スマホアプリや電話などで代替えしましょう。

ミュゼプラチナムの予約変更

予約変更したいのに、会員番号を忘れた場合は契約書で確認またはメールアドレス&パスワードでログインする

予約変更・キャンセルをいざするというときに、会員ページにログインできなかったらどうするか?をご紹介いたします。

ミュゼ会員ページにアクセスするにはミュゼの会員番号が必要になりますが、ミュゼの会員番号を忘れた場合でも、会員番号を確認する方法があります。

確認する方法の1つが、契約書をチェックすることです。契約書に会員番号が書かれているので、忘れたときでも、まずは契約書を確認するようにしましょう。またミュゼのパスポートや会員サイトでも、会員番号の確認が可能です。

また会員番号を忘れた場合だと、会員サイトにログイン自体ができないと考えている方もいます。しかし会員番号がわからない場合であっても、メールアドレスとパスワードを入力すればログインは可能です。

そのためメールアドレスとパスワードでログインができたら、会員サイト上で会員番号の確認もできます。このように会員番号の確認方法はいくつか用意されているため、自分に合った方法で確認するようにしましょう。

パスワードを忘れた場合はパスワードを再設定する

予約変更したいのに、ミュゼの会員サイトにログインするためのパスワードを忘れた場合、パスワードの再設定を行うことが可能です。

パスワード再設定のページでは、最初にメールアドレスの確認が行われます。会員番号とメールアドレスを入力して送信すると、パスワード再設定用のURLが入力したメールアドレスまで送られます。

届いたメールに記載されているURLにアクセスすると、新しいパスワードを入力するための画面が表示されます。後は表示されたページで新しいパスワードを設定したら、パスワードの再設定は完了です。

新しいパスワードが発行されたら、すぐに忘れることがないように注意しましょう。ただし誕生日や本名など推測されやすいパスワードは避けて設定することが大切です。

メールアドレスを変更し、かつパスワードを忘れてしまった場合はいったん会員サイトを退会して再度登録する

最後にログインしてから時間が経過している場合、その間にメールアドレスを変更し、パスワードも忘れてしまったということもあるでしょう。もしもメールアドレスを変更してパスワードも忘れてしまった場合、そのままではミュゼの会員サイトにログインできません。

一度会員サイトの退会手続きを行ってから、再度登録のための手続きが必要です。実際に手続きを進めるためには、最初にミュゼの公式サイトに問い合わせ窓口から問い合わせが必要です。

また退会の手続きには、申請から最大で5日かかるケースも見られます。退会の手続きが完了したら、新規ユーザー登録から再び会員登録を行いましょう。

メールアドレスの変更をしたい場合であれば、店舗に来店した際に対応してもらうことも可能です。

かなり大変な手順になりますが、これで予約変更・キャンセルができるようになります。

 

スポンサーリンク

急な予約変更・キャンセルには電話が便利な理由

ミュゼで予約変更・キャンセルする際に電話が意外にも便利なんじゃないの?というお問い合わせを受けて、実態の調査結果をご紹介いたします。

ミュゼでの予約はスマホアプリや会員サイト(WEB)で行うのが、予約の取りやすさが上がり、予約が取れないという不満を解消する方法であるといわれています。

ですがスマホアプリは通信障害のためにログインできなくなったりして、当日キャンセルができなくなってしまうリスクがあるのです。

電話ならば、遅刻しそうになっても確実にコールセンターにつながります。間違えありません。

予約時間の24時間前までのキャンセルしないといけないルールなので、日時が差し迫った時のために電話という選択肢は残しておいた方がよいでしょう。(ペナルティーとしてキャンセル料などの料金はかかりませんが)

電話での予約キャンセルを早めるやり方・狙い方・流れをご紹介いたします。

ミュゼプラチナムの予約変更

施術当日に急な予定が入っても電話一本で予約変更・キャンセルできるから

ミュゼで予約変更やキャンセルをしたい場合、ウェブサイトやアプリを利用することも可能ですが、当日キャンセルであれば電話での対応が便利です。

電話での予約変更・キャンセルが便利な理由の1つが、施術当日の急な予定の変更にも対応しやすいという点です。当日の急な予定の場合、ウェブサイトやアプリだと問題なく手続きができたか不安ということもあるでしょう。ですが電話の場合には、スタッフの方と直接話したうえで対応してもらえます。

実際にスタッフの方と話をすることで、問題なく予約変更・キャンセルができたと安心できるというのも電話をするメリットの1つです。電話一本で予約変更・キャンセルの手続きは完了するため、予定の変更が必要になったときは迷惑にならないように予約変更・キャンセルの連絡を入れることを忘れないようにしましょう。

逆に明日、急にスケジュールが空いたとなったときも予約空きの状況を詳しく教えてくれるから、予約変更がしやすい

電話でキャンセルをするメリットの1つが、キャンセルと次の予約を同時にできる、予約変更がしやすいという点です。

今日は急な予定が入って当日キャンセルが必要になった場合でも、明日は予定が空いているのでミュゼに行けるという状況もあるでしょう。そのようなときに電話でキャンセルの連絡を入れることで、予約の空き情報を直接確認しながら予約変更ができます。

スタッフの方に直接予約が空いている時間を教えてもらいながら次の予約を決めることで、予定が立てやすくなるかもしれません。ミュゼの店舗における予約状況は、キャンセルなどの影響で変化する場合もあります。最新の情報をスタッフの方に詳しく教えてもらいながら、予約の空きと自分のスケジュールを照らし合わて予約変更しましょう。

手元にスマホがないときでも固定電話や公衆電話から予約変更・キャンセルできるから

家にスマホを忘れた、病院にいるのでスマホが使えない状況でミュゼのキャンセルや予約変更の手続きをしたいという場合もあるでしょう。そのような場合は、ウェブサイトやアプリを使って予約変更・キャンセルの手続きを行うのが難しくなります。

ですが電話による予約変更・キャンセル手続きを行う場合であれば、手元にスマホがなくても手続きが行えます。電話番号さえわかっていれば、固定電話や公衆電話からでも予約変更やキャンセルの手続きが可能です。

キャンセルの手続きであれば、名前を伝えるだけで対応してもらえる場合も多いので、最低限の会話で手続きが完了するのもポイントの1つです。

予約変更をしたい場合には、事前に手帳を用意して自分のスケジュールを確認しながら手続きしてもらえるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

このページではミュゼの予約変更・キャンセルについて、以下のトピックについて詳しく紹介しました。

ミュゼの予約変更でもっとも気になる「予約キャンセル時のキャンセル料」は取られないということが以下の記事でおわかりいただけたと思います。

>>ミュゼの予約変更・キャンセル時のペナルティをもう一度見る

その他にもミュゼの予約変更について以下のトピックをお伝えしました。

  • ミュゼの予約変更・キャンセル方法
  • ミュゼの当日キャンセルについて
  • ミュゼの無断キャンセルについて
  • ミュゼの生理中の予約変更・キャンセル

このページで書いてきたことを理解すれば、ミュゼでの予約変更・キャンセルの仕組みをすべてマスターしたことになります。この知識を活用してぜひミュゼで脱毛を効率的にこなしていただき、最終的にスベスベモチモチ肌ボディを手に入れていただきたいと思います。

以下のページではミュゼのリアルな口コミ情報をまとめています。ミュゼをこれから利用するか検討している方の参考になると思います。

あわせて読みたい:【ミュゼの口コミ・予約】ミュゼプラチナムの脱毛キャンペーンの評判

脱毛
スポンサーリンク
Nexus With You
タイトルとURLをコピーしました