【片想い男子あるある】恋してる男子のあるある?話せるだけで嬉しい

片想い,男,あるある
スポンサーリンク

片想い男子あるある!恋してる男子あるある

片想い男子あるある

片想い男子あるある1・話せるだけで嬉しい!

片想い男子あるあるの1つが、好きな女性と話せるだけで嬉しくなってしまうということです。

朝の挨拶などの一言だけだったとしても、好きな女性と話せることで嬉しくて笑顔になってしまう方も多くいます。

ですが話せるだけで嬉しいというあるあるで満足していたら、片想いをしている間に、好きな女性は別の男性と付き合ってしまうかもしれません。

そのため話すだけで嬉しいという時点で満足するのではなく、少しずつ話せる回数を増やすなど2人の接点を増やしていくところから始めましょう。

同じ職場で働く女性であれば、仕事中のやり取りであれば、自然な形で話す回数を増やせます。

一緒に働いているなら、仕事のことで話すだけではなく、仕事で頼りになる部分を見せて話しかけてもらえるきっかけを作っていくのも1つの手です。

片想い男子あるある2・相手の目を見て話せない

片想い男子ならではのあるあるの1つが、好きな女性の目を見て話せないことです。

好きな女性から話しかけられても、緊張してしまって目線を合わせられないという方もいます。

しかし好きで目が合わせられないという理由であっても、女性側から見ると話しかけたときに目を逸らされたと感じるかもしれません。

目を逸らされる=嫌われているというイメージを持たれてしまう場合もあるため、好きで目を見るのも恥ずかしいという場合であっても、できる限り相手の目を見て話す努力をすることが大切です。

まずは挨拶のときだけ目を見るなど、短い時間で好きな女性の目を見て話しかけることに慣れていきましょう。

毎日目を見て挨拶をすることを続けていけば、好きな人の前でも緊張せずに目を見て話せるようになるかもしれません。

片想い男子あるある3・ついついカッコつけがち

片想い男子は、好きな人の前だとついついカッコつけてしまうことも多くあります。

例えば好きな女性に優しくしたいという思いから、荷物を持ってあげたり一緒に歩くときにさりげなく車道側を歩いたりする方も多くいます。

同じように片想いをしている男性でも、カッコつけ方には人によって違いが見られます。

ですが好きな人に好かれたいと無意識にカッコつけている姿は、女性側が男性の気持ちに気づくきっかけとなる場合もあります。

ですが無意識にカッコつけている行動の内容によっては、女性が嫌な思いをしているかもしれません。

少しでもいいところを見せたいとカッコつけることには問題はありませんが、カッコつけ方で女性に嫌な思いをさせていないか観察することも忘れないようにしましょう。

片想い男子あるある4・自分を大きく見せようとする(〇〇できるよ!など)

片想い男子あるあるには、自分を少しでも大きく見せようとするという行動もあげられます。

好きな人には、少しでもかっこいいと思って欲しいという思いから、見栄をはってできないこともできると言ってしまう方もいます。

自分のことを好きな女性にすごいと思って欲しいという考えは、片想い男子あるあるの1つです。

ですが良いところを見せようと思って嘘をついてしまった場合、嘘がばれたときに女性からの印象が悪くなってしまう場合があるので注意しましょう。

女性からの印象を良くするためには、無理に自分を大きく見せようとするのではなく、ありのままの自分の魅力で勝負することが大切です。

また好きな女性から尊敬される自分になれるように、片想い中は自分磨きに力を入れるのも1つの手です。

片想い男子あるある5・相手が男と話していると嫌な気持ちになる

片想い中の男性は、好きな女性を自分だけのものにしたいという独占欲がある場合も見られます。

特に独占欲が強い片想い男子あるあるの1つが、好きな女性が他の男性と話していると嫌な気持ちになってしまうことです。

仕事で必要な会話だとわかっている場合でも、好きな女性が他の男性と話しているだけで、嫉妬してしまう場合もあります。

好きな女性が他の男性と話しているだけで嫌な気持ちになってしまう場合、そのままの状態を続けていても辛い思いをするだけです。

そこで嫌な思いに耐えるのではなく、好きな女性との関係を進める努力をしましょう。告白が成功して片想いから彼女という関係になれれば、嫉妬で嫌な思いをする頻度を減らせるかもしれません。

片想い男子あるある6・2人になるチャンスを作ろうとする

好きな女性ができると、その人と2人きりで話すチャンスを作りたいと考える男性も多くいます。

しかし片想い中の段階だと、2人きりで話したいと思っていても、自然な形で2人になるチャンスを作るのは難しくなります。

特に多くの人が働いている同じ職場にいる女性を好きな場合には、2人きりのチャンスは待っているだけでは訪れない可能性もあります。

2人きりになって自然と距離を縮めるチャンスを作りたいなら、第三者に協力してもらうのも1つの手です。

好きな女性と共通の知人などに協力してもらうことで、2人で話せる機会を作って距離を縮めるきっかけを作れるかもしれません。

告白をしたいと思っていても、ほとんど2人で話したことがない状態だと失敗するリスクが高くなります。

告白の成功確率を高めるためにも、事前に2人で話せる時間を何度か用意するようにしましょう。

片想い男子あるある7・相手のことを何でも知りたくて質問する

好きな女性のことは何でも知りたいと思うのは、片想い男子あるあるの1つです。

誕生日や出身地などのプロフィールから、好きな食べ物や好きな映画のジャンルまで、相手のことはちょっとしたエピソードでも知りたいと思うことがあるでしょう。

ですが好きな女性のことを何でも知りたいと考えている場合であっても、一度に多くの質問をすると相手に迷惑がかかるかもしれません。

それに1度に多くの質問をしてしまうと、好きな女性と話せるチャンスが減ってしまうかもしれません。

LINEなどの連絡交換をした女性であれば、小出しで質問をして少しずつ相手のことを知っていくことで、LINEのメッセージのやり取りが自然な形で行えます。

焦らず少しずつ相手のことを知りながら、2人の関係性も近づけていきましょう。

片想い男子あるある8・ハートマークだけで自分に気があると勘違いする

片想い男子は、好きな女性からのメッセージでハートマークがあるだけで、自分に気があると勘違いしてしまうこともあります。

しかしハートマークがついているからといって、好きな女性が自分に対して恋愛感情を持っているとは限りません。

特別な相手にだけハートマークを使うのではなく、普段から友達や家族などにもハートマークを使っている場合もあります。

そこで女性からのメッセージでハートマークがあった場合には、自分だけにハートマークをつけてくれたのか、ほかの人へのメッセージにもハートマークがついているのか確かめるところから始めましょう。

友達や家族には別の絵文字で、自分へのメッセージにだけハートマークがついている場合、女性側が自分に好意を寄せている可能性が高くなります。

片想い男子あるある9・LINEや電話の回数が増える

片想い中の男性は、好きな人と頻繁に連絡を取りたいと考える傾向が見られます。

普段は必要最低限のやり取りだけで済ませる人であっても、少しでも好きな人との接点を持ちたいと考えて、LINEや電話の回数が増えることがあります。

好きな人に連絡を取るときに注意が必要なポイントとなるのが、相手の迷惑にならない頻度で連絡を取るという点です。

例えば好きな人の声を1日に何度も聞きたいからといって、1日で10回も電話がかかってきたら相手に迷惑がかかります。

付き合う前の段階だと1日に1回の電話でも多いと感じる女性もいるので、相手の迷惑にならない範囲で連絡を取ることを心がけましょう。

また電話をかける前に、LINEで電話をかけても大丈夫か確認することで、迷惑にならない形で連絡が取りやすくなります。

片想い男子あるある10・LINEを送る前に文面を何度も見返す

好きな人の連絡先をゲットしても、片想い男子はLINEの文面で相手に嫌われないか緊張してしまうというあるあるがあります。

文面で嫌われないか不安になった片想い男子は、LINEを送る前に文面を何度も見返します。

しかし何度も文面を見返していると、メッセージが送れない状態のまま次の日になってしまうかもしれません。

文面を見返している間に時間が経過すると、女性側には返信が遅いので既読スルーをされていると思われる可能性もあります。

誤爆を防ぐためにも文面の見直しは大切ですが、1~2回の見返しに留めて、既読スルーの状態にならないように注意しましょう。

一生懸命考えた文面でメッセージを送るよりも、素早い返信のほうが女性からの好感度が高くなる場合もあります。

片想い男子あるある11・相手の好きなタイプの男を聞いてしまう

好きな女性の理想に近づきたいという思いから、片想い男子は相手の好きなタイプを聞いてしまうこともあります。

相手の好きなタイプの男を聞いてしまうのも片想い男子あるあるの1つですが、相手の好きなタイプが自分とはかけ離れていると知ってショックを受ける方もいます。

好きなタイプの男が自分とかけ離れていると、女性の好みに寄せようと無理をする方もいます。

しかし無理に相手のタイプの男に寄せようとすると、自分らしさが失われてしまうかもしれません。

女性側が答えた好きなタイプの男は、その場しのぎで適当に答えただけという可能性もあります。

無理にタイプの男に寄せようとするのではなく、ありのままの自分を好きになってもらえる努力をすることも必要です。

片想い男子あるある12・振られたらどうしよう・・・と友人関係を続けてしまう

片想い男子あるあるには、振られたときのリスクを考えてしまうという点もあげられます。

実際に告白して振られてしまった場合、今までの友人関係が壊れてしまうかもしれません。

友人関係が壊れるリスクを考えた場合、告白せずに気持ちを隠そうと考える方もいるでしょう。

ですが告白して振られてしまったとしても、今まで通りの関係性を継続できる可能性もあります。

片想いで辛い思いをしているなら、今までの関係が壊れるリスクがあっても気持ちを伝えてみるのも1つの手です。

また振られるリスクが心配な方は、好きな女性を観察して脈ありのサインが出ているかどうかチェックしてみましょう。

よく目が合う、話すときの距離が近いなど脈ありのサインが出ているなら、告白しても上手くいく確率のほうが高いかもしれません。

片想い男子あるある13・付き合ったあとを想像してドキドキする

片想い男子あるあるの1つが、付き合っていないのに付き合ったときのことを想像してドキドキしてしまうことです。

例えば彼女と見たい映画や行きたいお店などを考えて、妄想だけでドキドキしてしまう場合もあります。

実際に付き合ったらこういうことがしたいと想像することも大切です。しかし想像だけで終わってしまったら、片想いを引きずって辛い思いをすることになるかもしれません。

片想いを引きずって辛い思いをすることがないように、想像を現実のものにできる努力をしましょう。

いきなり付き合おうと告白するのではなく、まずはランチデートに誘うなど2人きりで出かけられる機会を作るのも1つの手です。

短い時間のランチデートであっても、好きな人とのデートは、想像していたものより何倍も素敵なものかもしれません。

片想い男子あるある14・女心が分からず女友達に相談してしまう

好きな女性ができても、女心がわからずどのようにアプローチしたらいいのか困ってしまう方も多くいます。

そこで片想い男子は、片想いを成就させるために、女友達に相談することもあります。

女性ならではの目線でアドバイスをもらうことで、効果的な形で好きな女性にアピールできる可能性があります。

1つ注意が必要となるのが、頻繁に女友達に相談しているところを好きな女性に見られると、女友達のことを彼女だと勘違いされる場合もあるという点です。

相談相手が彼女と勘違いされないように、相談相手と2人きりで会わない、複数人で会うようにするなどの工夫で好きな女性に彼女だと勘違いされるリスクを下げられます。

また好きな女性の好みに合わせたアピールをしたいなら、好きな女性と共通の女友達に相談してみましょう。

片想い男子あるある15・勉強や仕事へのモチベーションがアップする

片想い男子あるあるの1つに、勉強や仕事へのモチベーションがアップするというポイントがあげられます。

実は恋をすると勉強や仕事のモチベーションがアップするということは、恋をしたときに分泌される男性ホルモンが影響しているという研究結果も見られます。

好きな人ができて男性ホルモンが多く分泌されることで、集中力や判断力がアップした影響で、モチベーションを持って仕事や勉強に取り組めている可能性もあります。

また好きな人に認めてほしいという思いから、勉強や仕事を頑張れるのかもしれません。実際に勉強や仕事で成果を出すと、好きな人にすごいと思ってもらえるかもしれません。

好きな人に振り向いてもらえる魅力的な男性を目指すためにも、目の前の仕事や勉強にしっかりと向き合って、自分磨きをしていきましょう。

関連記事:【片想い女子あるある】恋愛の胸キュンに思わず共感!好きな人あるある

スポンサーリンク

片想いってつらい・・・。片想い男子の辛かったエピソードあるある

片想い男子あるある

辛いエピソード1・好きな男の相談をされる・・・

片想いしている女性から、好きな男性について相談されて辛い思いをする男性もいます。

相手に好きな男性がいるとわかっている状態でアプローチはできないので、相談されたときの対処方法で困ってしまう方もいるでしょう。

だからといって、相談して頼りにされている状態で真面目に対応しないと、好きな女性からの好感度が下がってしまうリスクもあります。好きな相手の幸せを願う意味でも、恋愛相談をされたときには真剣に向き合うことが大切です。

また片想い中の女性の恋愛相談に乗ることで、好きな女性の好みを知るきっかけになるかもしれません。ちなみに好きな男の相談をしているといっても、相談している本人のことが好きで、その気持ちに気づいてほしいという思いから相談している場合もあります。

辛いエピソード2・必死のアピールに気付いてもらえない・・・

必死にアピールしているのに、気持ちに気づいてもらえなくて辛いと感じる片想いも多く見られます。

ですが自分では必死にアピールしているつもりであっても、アピールとしては不十分という場合も多く見られます。

そのためアピールに気づいてもらえないなら、アピールの仕方を見直してみるのも1つの手です。

今までとアピールの仕方を変える、思い切って大胆な行動でアピールすることで、相手に気づいてもらえるかもしれません。

ただし女性の中には、アピールに気づいていても、恋愛対象外なので無視している方もいます。

アピールに気づいてもらえない場合には、相手が本当に気づいていないのか、気づいていて恋愛対象外だからスルーしているのか見極めることが大切です。

辛いエピソード3・好きな女性に距離を置かれてしまう・・・

片想い中の女性にアピールをしていたら、少し距離を置かれるようになって辛い思いをするケースも見られます。

ここで問題になるのが、本当に距離を置かれているのかという点と、距離を置かれている場合に女性側が距離を置きたい理由は何なのかという点です。好きな気持ちが強いあまり、女性側が今まで通りに接していても距離を置かれていると勘違いしてしまう方もいます。

また本当に距離を置かれている場合、恋愛対象外のためアピールに気づいてわざと距離を置いている場合もあるでしょう。

しかし男性からの好意に気づいて、どのように受け止めたらいいのかわからず距離を置いている方もいます。距離を置いているのは、女性側が男性について真剣に考えてくれている可能性もあるという点を理解して、少し様子を見るようにしましょう。

辛いエピソード4・実は彼氏持ちだったと知ってしまう・・・

片想いをしている相手に、実は彼氏がいたと知って辛い思いをすることもあるでしょう。

特に片想いをしていた期間が長い方ほど、彼氏がいたことを知って受けるショックは大きくなります。ですが彼氏がいる女性に対してアプローチをしたら、迷惑をかけるかもしれません。

そのため片想い中の女性の幸せを願って、自分は次の恋愛に進めるようにしましょう。しかし簡単に次の恋へ行けない場合には、思い切って気持ちだけ伝える、もしくは第三者に好きだったという気持ちを話してすっきりするのも1つの手です。

好きな女性や第三者に気持ちを伝えるときには、その後の関係性にひびが入って本人や周囲に迷惑をかけないように、伝え方に注意することが大切です。

辛いエピソード5・LINEの既読スルーに落ち込む

片想い中の相手に対して、LINEでメッセージを送るのは勇気がいる行為です。しかし勇気を出して送ったLINEだとしても、既読スルーされて落ちこんでしまう場合もあります。

既読スルーされると、自分が女性から嫌われているのかと思い辛い思いをする方もいます。しかし嫌われているのではなく、返信しにくい内容のLINEだという場合もあれば、メッセージを送る時間帯が悪いというケースも見られます。

LINEで連絡を取り合いたいなら、返事がしやすい内容を心がけましょう。文章量が長いと読むだけで疲れてしまうため、相手が忙しいと既読スルーされるリスクが高くなります。

そして出かける前で忙しい時間帯や仕事中のLINEは、返信をもらえるリスクが低いので、メッセージを送るタイミングにも注意が必要です。

辛いエピソード6・LINEのリアクションが薄くて落ち込む

好きな人とLINEでメッセージのやり取りをして、少しでも距離を縮めたいと考えている方もいるでしょう。

しかしメッセージを送っても、好きな女性からのリアクションが薄くて落ち込んでしまうケースも見られます。

女性側からのリアクションが悪い場合、メッセージの話題選びの時点で失敗しているかもしれません。

自分が好きなジャンルの内容だとしても、女性側が興味のない分野だと反応は薄くなる傾向があります。

まずは好きな女性と共通の話題を探すことで、お互いに楽しみながらメッセージのやり取りがしやすくなるかもしれません。

また一度に多くの内容を詰め込むと、読むのを面倒に感じてリアクションが薄くなる場合もあるため、文章の長さにも注意しましょう。

辛いエピソード7・彼女の何気ない一言に落ち込む

片想い中の女性から、「いい人いたら紹介して」や「○○くんは彼女いるの?」などの何気ない一言を言われて落ちこんでしまう場合も多く見られます。

女性側には悪気はなく、普段の会話の延長線上で、いい人がいたら紹介して欲しいもしくは彼女がいるのかなどの質問をしています。

しかし悪気がない一言だとわかっていても、このような言葉をかけられると自分は彼女にとって恋愛対象外だと落ちこんでしまうこともあるでしょう。

しかし「いい人紹介して」の一言は、彼女はフリーの状態の証拠で、アピール次第で自分が彼氏になれるチャンスはあります。

また彼女の有無を尋ねる質問も、実は女性側が自分のことを気になっている可能性もあるため、なるべくポジティブに捉えて好きな女性との関係性について考えていくようにしましょう。

片想いが辛いときの対処法1・新しい出会いに目を向ける

趣味やサークルに積極的にでかける

片想い中は、さまざまな理由で辛い思いをする方も多くいます。しかし辛い思いをしているときでも、時間は流れていきます。

そこで好きな人のことだけを考えて辛い思いをするのではなく、別のことに集中する時間を作るのも1つの手です。

例えば趣味やサークルなどに積極的に参加することで、何かに集中しているときだけ好きな人のことを考えて辛くなる気持ちを忘れられるかもしれません。

また趣味やサークルの内容次第では、自分磨きをしてより魅力的な男性になれる可能性もあります。

新しく趣味やサークル活動への参加を考えるなら、女性に興味を持ってもらいやすい内容を選びましょう。

例えば料理やDIYなど、生活に直結する趣味やサークル活動への参加を検討するのも1つの手です。

マッチングアプリで気になる女性を見つける

相手に彼氏がいるなどの理由で叶う可能性の低い恋で辛い思いをしているなら、別の女性に目を向けるのも1つの手です。

そこで新たな出会いを見つけるためにも、マッチングアプリを利用してみましょう。

普段の生活の範囲内で出会いを探しても、職場に女性が少ないと出会いのチャンスも少なくなってしまいます。

また職場恋愛だと周囲にばれるリスクを恐れて、恋愛に臆病になってしまうこともあります。

マッチングアプリでは多くの女性が登録しているので、趣味や性格がある気になる女性を見つけられる可能性が高くなります。

また普段は接点がない女性とも出会えるため、職場でばれるリスクを気にせずに恋愛ができるのもポイントの1つです。

マッチングアプリごとに使う目的や登録している女性の特徴が異なるので、気になる女性が多そうなアプリを選ぶことが大切です。

あわせて読みたい:【ハッピーメールの口コミ・評判・レビュー】他のアプリとの比較

内面や外見を磨く

片想いで辛い思いをしている方の中には、自分には魅力がないのかと後ろ向きな考え方になってしまう方も多くいます。

例えばアピールしても片想い中の相手に振り向いてもらえないなどの場合には、自分の内面や外見を磨いてみるのも1つの手です。

内面や外見を磨いて魅力を増すことで、今まで自分のアピールに気づかなかった女性が振り向いてくれるかもしれません。

また内面や外見を磨くと言われると、エステに通うなど特別なことをする必要があると考える方もいます。

しかしお金をかける必要はなく、身だしなみに注意して清潔感のある服装を着る、もしくは人に挨拶や感謝の気持ちを伝えるのを忘れないようにするなどの小さなことでも、自分自身の内面や外見を磨けます。

まずは無理のないところから自分磨きをして、自分の魅力に気づいてもらえるようにしましょう。

関連記事:【片想いが辛い男性】好きすぎて辛い・苦しい・やばい理由と対処法

関連記事:【片想いが辛い】片想いが辛い・苦しいの対処法/好きな人がいるけどどうすればいい?

スポンサーリンク

片想い男子あるある・片想いの辛いエピソードまとめ

片思いをしている男子あるあるというテーマでお届けしてきました。いかがでしたでしょうか?

女子の立場からすると、恋している男子がなにを考えているかちょっとよくわからないですよね。ですがこのページの記事を読んで、ちょっとユーモラスでかわいい男子の心の内がわかったと思います。

男子の立場からすると片思いはつらいですよね。片思い男子のがんばって好きな女子にアプローチしても報われないエピソードは涙なしでは読めなかったのではないでしょうか。

片思いのつらさを乗り越えるためにいくつかの方法を紹介しましたが、新たな出会いを見つけるというのが手っ取り早い解決法の一つです。当サイトでは本当に出会えるマッチングアプリをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

恋愛
スポンサーリンク
Nexus With You
タイトルとURLをコピーしました