【旦那の車にGPS】GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査

スポンサーリンク

旦那の車にGPS/GPSで旦那の浮気調査をする方法

車から旦那の浮気が発覚するケース1・ナビの目的地履歴から発覚

ナビが設置されている車であれば、目的地の履歴を確認してみましょう。ナビの目的地の履歴に、ラブホテルやパートナーと行ったことがないおしゃれなレストランなどが残っている場合もあります。

何回も履歴にラブホテルやおしゃれなレストランなどが残っているような場合であれば、旦那は浮気をしている可能性が高いと判断できます。またカーナビを使っている方の中には、よく行く場所を目的地として登録しているケースも見られます。

目的地の履歴を調べるのであれば、登録されている目的地を確認して、浮気の可能性が高いか判断しましょう。使っているナビの種類によっては、過去に検索したワードを記録する機能が搭載されている場合もあります。

そのような場合には、適当に文字を打ち込んだだけで、過去の検索履歴から目的地の履歴を把握し浮気の可能性があるか調べられます。

車から旦那の浮気が発覚するケース2・ナビの走行履歴から発覚

車から旦那の浮気の証拠を掴みたいなら、ナビの走行履歴に注目してみましょう。ナビの走行履歴を見ると、仕事以外で旦那がどのような場所に普段車で移動しているのか行動をチェックできます。

中には浮気相手の自宅やホテルに車で移動している場合もあるので、走行履歴から浮気が発覚するというケースも珍しくありません。またナビの走行履歴を通して旦那のよく行く場所を把握できれば、探偵などに依頼して浮気調査をしてもらう際にも役立ちます。

1つ注意が必要なのが、走行履歴はナビの設定によってはチェックできない場合もあるという点です。設定を変更することで数日の間の走行履歴がわかるケースもあるため、履歴が確認できないという場合には、ナビの設定を確認するところから始めましょう。

車から旦那の浮気が発覚するケース3・小物やアクセサリーなどから発覚

旦那が浮気相手を車に乗せている可能性があるなら、車の中をチェックしてみましょう。浮気を始めたばかりのタイミングであれば、車の中に証拠を残さないように注意しています。

ですが何回は浮気を繰り返していると、今までばれなかったことで油断をしてしまい、車の中に証拠が残っていても気づかない可能性もあります。相手が油断しているタイミングで車の中を見ると、自分のものではなく女物の小物やアクセサリーなどが見つかるかもしれません。

ただし小物やアクセサリーが落ちていることで旦那を問い詰めても、車に乗せて送っただけだと嘘をつかれる可能性もあります。決定的な証拠にはならないという点を理解して、別の浮気の証拠を探すことも必要です。

車から旦那の浮気が発覚するケース4・ゴミ箱のレシートなどから発覚

車の中で旦那の浮気の証拠が残っている可能性が高い場所の1つが、ゴミ箱です。ゴミ箱をチェックすると、浮気相手と出かけた飲食店や行った場所のレシートなどが見つかる可能性もあります。

仕事先で行ったとは思えないラブホテルやおしゃれなレストランなどのレシートが残っているのであれば、浮気している可能性が高いと判断できます。またレシートだけではなく、飲食物のゴミが残っている場合にも浮気の可能性につながるケースも見られます。旦那が好まない味の飲み物や食べ物のゴミがあるなら、浮気を疑いましょう。

また車のゴミ箱からレシートを見つけた場合、店名や内容だけではなく日付も含めて確認することが大切です。レシートの日付や場所から、旦那がその日嘘をついて行動していた可能性があるか確かめられます。

車から旦那の浮気が発覚するケース5・香水などの香りから発覚

旦那の浮気を疑っているのであれば、車の中の匂いにも注目してみましょう。男性の場合、香りはあまり気にしないで行動している方も多くいます。そのため車の中に、浮気相手の女性の香りが残っていても気にしないため何の対応も行っていない場合があります。

そこで旦那の車の匂いをチェックしたら、自分が使ったことのない香水などの香りがすることで浮気の証拠につながるかもしれません。また浮気相手の女性の好みに合わせて芳香剤を使い始めた、もしくは芳香剤の種類を変えるなどのケースも見られます。

ほかの女性と乗せたのをごまかすために芳香剤を使う場合もあるので、普段と車の香りが異なるなら、浮気の可能性もあると判断して他の証拠を探してみましょう。

旦那の車にGPS/車に仕掛けるGPSの種類について

ロガータイプのGPSの特徴

ロガータイプのGPSは、通販サイトなどで数千円で購入が可能なため入手しやすいという特徴があげられます。猫の行動把握のために開発されているアイテムなので、軽くてばれにくいのが利用するメリットの1つです。

ただし移動履歴は、全てGPSのロガータイプの中に記録されているため、データの確認にはパソコンと接続する必要があります。リアルタイムで行動を把握したいという場合には適さないGPSだと理解したうえで、ロガータイプの利用を検討しましょう。

リアルタイムタイプのGPSの特徴

リアルタイムタイプのGPSの場合、検索することで旦那の車が今どこにいるのかすぐに把握できます。スマホから簡単に居場所をチェックできるので、リアルタイムで旦那の状況を把握したいという方に向いています。

車に設置するだけではなく、バイクへの設置も可能です。また検索したリアルタイムの居場所を記録に残すことで、浮気の証拠にもつなげられます。浮気調査目的でリアルタイムタイプのGPSを利用する場合、購入ではなくレンタルをするという選択肢もあります。

旦那の車にGPSを仕掛ける方法1・仕掛ける場所について

助手席のシートの下

車にGPSを設置したことがばれないように、助手席のシートの下に設置するのも1つの手です。運転席側だと旦那が普段との違いに気づくこともありますが、助手席のシートの下なら目で確認されるリスクは低いため、ばれにくくなっています。

ただし助手席に浮気相手を乗せている場合、浮気相手が物を落として拾うときに助手席の下を見てGPSがばれるパターンもあります。ばれにくい位置はどこか考えたうえで、GPSを設置することが大切です。

リアシートの下

実際に浮気相手が乗る可能性が高い車なら、助手席のシートの下への設置は避けたいという場合もあるでしょう。そのような場合であれば、リアシートの下に設置するのも1つの手です。

後部座席側であれば、運転席や助手席に座っている場合、直接見る機会が少ないのでばれにくくなっています。ですが子どもも乗る機会がある車の場合、後部座席に乗った際にGPSが見つかってしまう可能性もあります。

実際に車に乗る可能性がある人から見つからないか考えたうえで、設置場所を決めましょう。

トランク

旦那や浮気相手以外にも、子どもなど車に乗る人が多い場合もあるでしょう。そのような場合だと、助手席やリアシートの下は旦那以外の人に設置していることがばれる場合もあります。

そこで座席の下ではなく、トランクの中に設置するのも1つの手です。普段トランクを使う機会がほとんどない状況であれば、トランクに設置してもばれるリスクはほとんどありません。

ですがトランクに荷物を入れる機会が多い場合は、トランクの中はGPSの設置に向かないので注意しましょう。

旦那の車にGPSを仕掛ける方法2・付け方について

磁石で固定する

運転中に設置したGPSが落ちてしまったら、音でGPSを設置したことがばれる可能性があります。行動履歴をチェックしていたことがばれるリスクを減らすために、GPSを設置する場合には、しっかりと固定することが大切です。

磁石で固定する場合には、磁石が外れないかよく確認しましょう。磁石の力が弱いとカーブなどで落ちてしまう場合もあるため、しっかりと固定されているか設置した後に確かめてから利用を開始することが大切です。

両面テープで固定する

GPSは磁石ではなく、両面テープで固定することも可能です。両面テープで固定する場合に注意が必要な点が、はがれないようにするという点です。

粘着力が弱いものを使っていると、しっかりと貼ったつもりでも落ちてしまうことがあります。また両面テープを貼る場所が悪いと、はがれやすいケースもあるため、テープで固定する場合には設置場所に注意するようにしましょう。定期的にはがれていないか確認することで、GPSの設置がばれにくくなります。

>>どの探偵に頼めばいいの?後悔しない探偵探しは「全日本優良探偵業協会」へ
スポンサーリンク

旦那の車に勝手にGPSを仕掛けるのは違法?

車にGPSを仕掛けても違法にならない要件とは?

車にGPSを仕掛けても法律上問題ない要件とは、GPSを設置する車の所有権を持っていることです。自分名義の車であれば、自由にGPSだけでなく盗聴器を設置することも問題ありません。夫の不貞行為の証明にはなりませんが、裁判で利用する証拠として問答無用で無効にされることはないでしょう。

自分が保有する車にGPSを設置して問題無い理由は、GPSを設置するうえで問題になるプライバシー権の侵害に該当しないためです。また、夫と共同所有している車に設置した場合も罪に問われない可能性があります。

他人名義の車にGPSを仕掛けると損害賠償請求のリスクがある

GPSを設置するなら必ず自分名義の車を選んでください。他人名義の車にGPSを設置するとプライバシーの侵害だけでなく器物破損などの罪になる危険性もあります。他人名義の車は自分の所有物ではありません。

そういった物に相手の同意を得ずに手を加えることは禁止されています。また、車や車に設置されているカーナビゲーションなどの機器がGPSのために誤作動を起こした場合は器物破損に問われることもあり危険です。車の精密機器は高額ですから損害賠償請求をされたら大きな損失になります。

別居中の旦那の車にGPSを仕掛けるとストーカー規制法違反となるリスクがある

裁判で有利になるために、別れて暮らしている夫の車にGPSを設置しようと考えることもあるでしょう。しかし、その行為はストーカー規制法に抵触するリスクがあります。

ストーカー規制法は執拗に相手の居場所を探ったり、後を追い回すのを禁止しています。GPSで記録した位置情報から相手の足取りを調べようとしているのですから、間違いなくストーカー規制法の対象になるでしょう。損害賠償請求を受けることもあるので、他人名義の車にGPSを設置するのは控えましょう。

別居中の旦那の車にGPSを仕掛けると住居侵入罪となるリスクがある

不倫でトラブルになり別居した夫の車にGPSを設置するのは危険です。別居している場合、一時的に夫婦の財産共有が成立しなくなることがあります。

その場合、夫の住んでいる住居の敷地内に入ると住居侵入罪に問われかねません。夫の同意を得られれば問題ありませんが、密かにGPSを設置しようと考えているなら、了承を得ずにするでしょう。プライバシーの侵害にも抵触する可能性があるので、別居中の夫の車にGPSを設置するのは避けてください。

旦那の車にGPSを仕掛けるとプライバシーの侵害で提訴されるリスクがある

夫が所有し、他の家族に利用させない車にGPSを設置すると法的リスクがあります。夫がプライバシーを主張して家族に使わせない場合、家族であってもそれを尊重するのが基本です。

もし夫が明確に自分の車に手を加えることを認めないと言っているなら、それに反してGPSや盗聴器などを設置した場合はプライバシーの侵害に該当します。夫婦仲が悪化している状況であれば、GPSが設置されていたことが発覚したために訴訟を起こされる危険性もあるでしょう。

GPSの証拠だけでは不貞行為の証拠にはならない可能性が高い

パートナーの不倫を裁くためには不貞行為で訴えるのが一般的です。不貞行為で訴えること自体は適切な手続きを踏めば誰にでもできますが、裁判で勝つためにはパートナーが不貞行為を行ったという確固たる証拠が必要になります。

パートナーの車に設置したGPSの記録が不貞行為の証拠になると考えている方も少なくないようですが、実際のところGPSで取得した情報は不貞行為の証拠にはなりません。GPSの情報はあくまでパートナーの嘘を暴いたり、行動パターンを把握するのに使ってください。

不貞行為の証拠とは?

不貞行為の証拠になるのは、不貞行為を行っているところを撮影した写真や、これから間違いなく不貞行為を行うことが推認される写真です。

前者の写真は行為そのものを撮影した言い逃れできない代物ですが、盗撮でもしない限り撮影できないので、これは実質的に無理でしょう。

現実的に用意できるのは後者の不貞行為が推認される写真です。これはラブホテルなどの男女が性行為を行う施設にパートナーと不倫相手が一緒に入っていくところの写真などが該当します。

不貞行為の決定的な証拠を掴むなら探偵会社に依頼すると安心

個人で手軽に設置できるGPSは法律を犯すリスクがあるにもかかわらず、不貞行為の証拠になりません。住居侵入などで訴えられる危険性を犯すよりも、不倫捜査に強い探偵会社に調査を依頼しましょう。

法律知識を持った弁護士などの専門家が担当してくれるため、裁判で利用できる証拠写真を判別して提供してくれます。調査のノウハウも豊富に持っているのでパートナーにバレることなく調査してもらえます。

裁判のアフターフォローまでしてくれる会社もあります。キチンと白黒付けたい場合はプロフェッショナルに頼りましょう。

>>どの探偵に頼めばいいの?後悔しない探偵探しは「全日本優良探偵業協会」へ
スポンサーリンク

旦那の浮気調査でよくある質問

旦那が浮気をしているようです。浮気調査のためにGPSアプリを仕掛けても違法にはなりませんか?

旦那さんが浮気をしていると確証があったり、たとえ浮気が事実であってもGPSアプリという位置情報を正確に示すアプリを第3者の許可なく仕掛けた場合、法律に触れてしまい、違法となります。

違法内容については不正指令電磁的記録に不正アクセス禁止法に触れているうえ、アプリ自体が位置だけではなく音声の盗聴とかカメラアプリを動作せて周囲を確認する能力があればさらに本人の許可を得ずにGPAアプリを紛れ込ませてプライバシーを覗き見しようとしたことでプライバシーの侵害となります。

この問題のポイントは、浮気調査のために旦那のスマートフォンに許可なくアプリを入れようとしている点です。逆を返すと、旦那の許可を得てGPSアプリを入れれば違法にならないんですが、旦那さんがGPSアプリを入れることを許可するかどうかは別問題です。

関連ページ:【浮気調査・GPSアプリ】スマホで使えるGPS追跡アプリは?携帯監視アプリ

LINE監視アプリで旦那の浮気調査はできますか?

LINE監視アプリは、LINEのメッセージのやり取りにて浮気をしているかどうかを文章から判断します。なので、文章での浮気を調査することはできますが、位置情報を確認できなければ、浮気の決定的な証拠であると提示するには弱いです。

一応浮気調査はできますが、問題は、どうやってラインの監視アプリを旦那のスマホに紛れ込ませるかです。しかも、旦那のスマホにこっそりと紛れ込ませる行為は違法ですから、旦那に断ってアプリを入れてもらうという形で浮気調査をしないといけませんので旦那側が嫌だといえば勝手にアプリを入れると違法になり、たとえ家族同士で会っても民事裁判になります。

民事裁判になれば、普通に慰謝料の請求などもあり得るため、デメリットが出てしまうことが多く、LINE監視アプリでの浮気調査は可能ですが、訴えられるかもしれないです。

関連ページ:【LINEで浮気調査】パートナーのLINEから浮気を見破る方法/浮気・不倫の証拠を抑える

彼氏の浮気チェック(浮気調査)におすすめのアプリはありますか?

浮気調査にお勧めのアプリですが、 mSpyというアプリがおすすめです。このアプリはアイコンを非常時にしたうえでバックグラウンド上で動かせるので極秘裏に動かせるという特徴があります。

しかしながら、問題点としては、彼氏さんの許可を得ずに勝手に彼氏のスマホにダウンロードしないといけない点のほか、彼氏さん側が不明なアプリがあることに気が付くと問題になることです。

よって、一番安全で無難なのは、googlemapというアプリで彼氏がどこをうろついていたかを履歴から調べるという方法のほうが安全です。その理由は、このアプリであれば大抵のスマホに元から入ってますのでgooglemapにてどこをうろついていたかを調べるというのが一番安全です。

彼氏の許可を得て彼氏のスマホからgooglemapを使用して調べ物をするふりをしてgoogleマップを使えばよいでしょう。この時、自分のスマホは充電中とか忘れたといえばなお彼氏は怪しまずにスマホを貸してくれると思います。

関連ページ:【彼女の浮気チェック】彼女の浮気の兆候を見破る方法/浮気診断

関連ページ:【妻の浮気チェック!】妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

彼氏が浮気しているようです。車に仕掛けたGPSは浮気の証拠になりますか?

車に仕掛けたGPSというのは、彼氏がそこに移動したという決定的な証拠にはなるんですが、浮気をしているという決定的な証拠にはなりません。

浮気の決定的な証拠とは、自分自体が彼氏の浮気を目撃すること、そして第3者も彼氏と言われている方の浮気を目撃していてあの人浮気をしてましたと証言することが決定的な証拠になります。

なので、彼氏の彼女が友達と歩いていて偶然彼女の彼氏が浮気をしている現場を友達と見た場合、これは決定的な証拠になりまず、彼女が浮気をしていることを確認し、友達も浮気を確認しているため決定的な証拠です。

ただ、この後証言が割れた場合、決定的だといえなくなり、第3者である彼女の友達が裏切って浮気ではないと言い出せば証言が変わるんですが、裁判で彼女の友達が証言を変えて証言が嘘だとバレると彼女の友達は罰を受けるので嘘をつく利点は彼女の彼氏に買収されていない限り利点がないです。

関連ページ:【彼氏の浮気チェック】彼氏の浮気を確かめる方法や質問/浮気を見抜く方法

旦那の浮気調査を興信所に依頼しようと思います。旦那の過去がどこまでわかるのでしょうか?

興信所は、旦那さんの過去を調べるうえで口頭で第3者から旦那さんってどういう人なの?どこで働いているのとか年齢は?という具合に口頭で情報を第3者から引き出します。

ですから、口頭で引き出すことができる情報すべてを入手できるといえるため、浮気をしている場合、浮気相手って誰なの?という情報まで引き出すことは可能です。

ただ、興信所は、口頭で調べるという方法上本当に正しい情報なのかという部分については正しい情報ではないのでは?と興信所のスタッフ側が感じ取った場合、それら情報は棄却しますので口頭で調べた結果正しい情報のみを提供するという形で旦那さんの過去を調べ上げたものを書類として提供します。

よって、浮気調査であれば、浮気をしている事実を突き止めたうえ、相手も一応調べますが調べきれない場合、浮気相手の情報はなしとなります。

興信所は、調べ上げる人物を役所などと協力してデータを提供してもらうということはできない決まりになっていて、個人情報の保護という観点から役所もデータを提供しないため、口頭でしか情報を引き出せないのです。

関連ページ:【興信所で過去はどこまでわかる?】身元調査・結婚・借金などはどこまで調査できる?

>>どの探偵に頼めばいいの?後悔しない探偵探しは「全日本優良探偵業協会」へ
スポンサーリンク

旦那の車にGPS/GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査まとめ

※このページの内容を簡潔に300文字以上でまとめます

>>どの探偵に頼めばいいの?後悔しない探偵探しは「全日本優良探偵業協会」へ

東京の探偵社

浮気調査を自分でやるよりもプロに任せた方がより成功率が高いです。以下の記事では東京にある探偵社を詳しく比較しました。

あわせて読みたい:【探偵 東京】浮気調査・不倫調査におすすめの探偵事務所/料金が安いのは?

恋愛
スポンサーリンク
Nexus With You
タイトルとURLをコピーしました